スマイルリンクの訪問看護

看護サービス

病状や健康状態の観察

体温・脈拍・血圧・酸素飽和度・呼吸音・腸蠕動音などのチェック

療養生活の支援・相談

清潔の保持・食事・口腔ケア・排泄のケア・運動などさまざまな療養上の支援や助言をさせていただき、健康状態の維持・改善を図るとともに生活リズムを整えます。

医療処置・治療上の看護

主治医の指示に基づく医療処置(点滴静脈注射・痰の吸引・吸入・経管栄養・創傷処置など)を行います。
また、医療器具(膀胱留置カテーテル・経管栄養・胃ろう・在宅酸素療法・人工呼吸器・気管カニューレ・人工肛門など)の使用状況の管理や助言、緊急時の対応などを行います。

家族への相談支援

利用者様を支えるご家族の皆様が抱える不安、疑問、悩みなどに対し、医療的視点を含めたアドバイスを行います。

リハビリテーションサービス

リハビリテーション(Rehabilitation)とは、
「re」… 再び・戻す
「habilis」… ふさわしい・適した
という2つの意味が語源となっています。
単に機能的な訓練を行うということではなく、広い意味で「社会復帰」を意味します。
今現在持っている最大限の能力を発揮して、自分らしい生活を過ごしていただくことがリハビリテーションの本質だと考えています。

WHO(世界保健機関)では1980年にICIDH(国際障害分類)、2001年にはICF(国際生活機能分類)を発表しています。
ICIDHは障害を科学的にアプローチすることやプログラムを作成することに特化しています。障害を良くしたい方に適した考え方です。
ICFは障害のみならず残存した長所も含め、1.心身機能・身体構造 2.活動 3.参加 に分類し、1~3は健康状態(変調・病気)と背景因子(個人因子・環境因子)が相互作用するとした考え方で、障害を回復しながらも受容し、残存機能を活用したい方に適した考え方です。
スマイルリンクでは、ICIDHやICFの考え方から一人ひとりの利用者の皆様に合う、その方だけのリハビリテーションを提供させていただきたいと考えております。

サービス開始までの流れ

ご面談

病院や利用者様のご自宅等にて面談を行います。些細なことでも気になることは何でもご相談ください。

訪問日程の決定

利用者様のご都合と訪問スタッフのスケジュールを調整します。無理のない範囲で決定しましょう。

書類の確認

主治医の訪問看護指示書やケアプラン、介護保険証、公費負担があれば受給者証などの書類を確認します。

ご契約・ご利用開始

重要事項の説明とご契約を行います。訪問看護指示書が確認できたらサービスを開始いたします。

サービスの詳細についてはお気軽にご相談ください。療養者様のご担当のケアマネージャーや医療機関と連携を取りながら、ご本人およびご家族のご意思に基づいてお話を進めさせていただきます。


事業所一覧

八千代事業所

文京事業所

西日暮里サテライト

お気軽にお問い合せください

訪問看護のお申し込みに限らず、ちょっとしたご質問や気になること、制度のこと、些細なご相談まで、気軽に相談できる体制を整えております。お電話の場合は各事業所ページに記載されている番号へお願いいたします。お問い合せフォームからは24時間いつでもご連絡ください。

Copyright© 2019 株式会社ライフチューン All Rights Reserved.